稼ぎたい女性の為の関東のソープ風俗の求人について

決められた期間内にいくら稼ぎたいと目標があるならば、覚悟次第さえあればソープが最も稼げる風俗店の業種です。

ソープは特殊個室浴場と呼ばれている実質的に本番行為が黙認された唯一の風俗店であって、特定の地域にまとまっていることが多いです。

個室内で入浴介助を行う女性はあくまでも個人事業主であって、男性客とその場で恋に落ちて自由恋愛の結果として本番行為まで行うという建前で営業しています。

このため、ソープでは入浴料とサービス料という形で料金が分かれていて、ソープ店ごとに特徴があります。

広い室内にはマッサージ台と入浴施設が1部屋続きとなっていて、ローションを使ったマットサービスを行える女性がプロのソープ嬢という位置づけです。

素人系の店舗から熟女店まで、同じエリアで棲み分けが出来ているからこそソープが集中していても各店の集客が見込めます。

ソープで働く際には、入店する店舗のコンセプトに自分が合っているか事前に分析した上で面接を受けなければなりません。

格安店・中級店・高級店と分類されるように、格安店ほど短時間でマットサービス無しの素人でも本番行為さえ出来れば良いという男性客の回転数で稼ぐパターンです。

一方、高級店は入店時に面接が厳しく身体については傷や入れ墨が無いことが条件となっています。

また、高級店では性病検査が月2回必須となる所が多く、時間にルーズなソープ嬢はすぐに退店対象となります。

ソープで働く女性の多くが稼ぐ目標をしっかり持っていて、プロ意識が高いことが多いです。

マット講習を受けてソープ嬢としてしっかり稼ぎたいと思うタイプの人に向いています。

引例★風俗求人

関東のソープ風俗のお仕事内容について

関東のソープ風俗のお仕事内容について

誰でもできる仕事だけれども…ソープランドで働くことは、一般的な女性にとっては非常にハードルが高いかもしれません。

なぜなら、セックスありきの風俗店だからです。

ですからスナックやクラブ、キャバクラといった水商売を経験した女性にとってもなかなかソープ嬢の仕事を始めるのに踏み切ることは難しいようですし、それらの未経験ならなおさらです。

けれどもソープランドで実際に働くことに関しては、女性なら誰でも可能なのです。

いわば、恋人とする行為を他人とするだけなのですから。

とはいえ、その「他人とする」ということがもっとも重大なポイントなのですけれども。

仕事の内容については働く前に店の研修を受けたり、体験入店を経験して店の雰囲気に慣れることもできます。

ただし、高級店ともなるとただ一般的なサービスだけでなく、礼儀作法からマナー、テクニックなどあらゆる点において高度なものが求められます。

したがって面接に受かったからといって、すぐに接客とはいかないのが現状のようです。

しっかりと満足な接客ができるようになるまで、店のトレーナーや指導員などによる研修が待っています。

その間の給料は最低限の額が保障される場合が大半なのですが、風俗求人の面接の際にでも一応確認することをオススメします。

もし、高度な礼儀作法やマナーなどを身につけられる自信がないという女性なら、大衆店や格安店で働くことを選べばいいのです。

報酬額は高級店と比較すると減ってしまいますがそれでも一般的なアルバイトより格段に稼げますし、何よりも精神的にラクというのがメリットです。

いずれにせよソープランドで働くには、まずそこへ踏み出す一歩が大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする